飯山 将晃

飯山将晃

Info

所属

京都大学 学術情報メディアセンター 准教授

オフィス

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学 学術情報メディアセンター南館

TEL

075-753-9062

E-mail

iiyama + atmark + mm.media.kyoto-u.ac.jp


最近の活動

  • [2017/11/18] 水産海洋学会年次大会@広島で「画像認識的アプローチによるアカイカ漁場推定手法の開発」で発表します.CREST(サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発)の成果です.
  • [2017/11/13] 北京科技大学で「AI meets Fishery -Pattern Recognition Approach for Fishery Applications-」で講演します.CREST(サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発)の紹介です.
  • [2017/11/9] CVIM研究会@北大で「形状に依存する前方散乱を考慮した散乱媒体下での照度差ステレオ法」で藤村君が発表します(口頭・ポスター発表).科研費基盤研究Cの成果です.
  • [2017/10/29] 研究・イノベーション学会年次学術大会で「事業モデル仮説に基づいた水産業における産学連携の試み:『サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発』での取組事例」で笠原先生が口頭発表します.CREST(サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発)の成果です.
  • [2017/9/4] 薗頭君との共著論文「Shift-Variant Blind Deconvolution Using a Field of Kernels」が信学会,IEICE Trans. on Information and Systemsに掲載されました.
  • [2017/8/10] 画像の認識・理解シンポジウムMIRU2017@広島で「学習型インペインティングとオプティカルフローを用いた海水温画像の欠損修復」で柴田君がポスター発表します.CREST(サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発)の成果です.
  • [2017/8/9] 画像の認識・理解シンポジウムMIRU2017@広島で「パターン認識は良い漁場を見つけることができるか? - 海水温パターンのクラスタリングに基づく良漁場推定-」で口頭発表します(ポスター発表も).CREST(サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発)の成果です.
  • [2017/7/11] IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME2017) @ Hong Kong にて「Restoration of Sea surface temperature Images by Learning-based and Optical-flow-based Inpainting」について柴田君が口頭発表しました.CREST(サステイナブル漁業に向けたデータ指向型リアルタイム解析基盤の開発)の成果です.
  • [2017/5/25] 薗頭君との共著論文「Variational Bayesian Approach to Multiframe Image Restoration」がIEEE Transactions on Image Processingに掲載されました.
  • [2017/5/17] 可視化情報学会 第26回可視化フロンティア「機械学習・画像認識に関する講習会2017」にて,画像認識の基礎・実践について講演します.
  • [2016/1/18] 「京都ICT教育モデル構築プロジェクト」での取り組みが日本教育新聞にて紹介されました.